参加機関・研究概要

参加機関

機能・構造評価チーム
東北大学
多元物質科学研究所
教授 
栗原 和枝
表面力・共振ずり測定および和周波発生振動分光法による潤滑界面の評価法を確立し、物理・化学的検討に基づき、低摩擦の発現メカニズムを分子レベルで解明します。ネットワーク内のグループで開発される低摩擦材料を含めて、低摩擦を示す系に対する評価と最適化を進め、超潤滑を発現するナノ界面の設計・創成をめざします。
東北大学
大学院工学研究科
教授
久保 百司
ポリマーブラシの摩擦界面における原子・分子スケールの現象を解明することが可能な摩擦シミュレータを開発します。計算科学シミュレーション技術に基づき、実験だけでは解明が難しい「摩擦、化学反応、応力、流体、構造、電場、伝熱」が複雑に絡み合ったマルチフィジックス現象のダイナミクスをイメージングすることで摩擦現象を解明します。ポリマーブラシの低摩擦発現機構を明らかにし、低摩擦界面の設計につなげます。
東北大学
原子分子材料科学高等研究機構
准教授 
中嶋 健
ソフトマテリアルの摩擦には材料自身の変形効果が大きな影響を及ぼします。またその変形自体が圧縮とずりを含む複雑なもので、かつ温度時間換算則に支配される現象です。我々が開発している原子間力顕微鏡をベースにしたナノ触診技術では試料変形量、弾性率、凝着エネルギーなどを定量化し、摩擦の研究で重要な因子である接触面積も半定量できます。この手法を利用し、試料変形、凝着、摩擦の関連性を解明していきます。
同志社大学
理工学部
教授 
平山 朋子
中性子反射率法を用いて、固液界面に形成される添加剤吸着層および摩擦低減のための高分子ブラシ/ゲル層の潤滑油中での構造解析を行います。また、中性子反射率計をトライボロジー学的視点からのニーズに合わせて高機能化することにより、摩擦挙動が固液界面の境界潤滑層形成能に及ぼす影響を分子レベルで調査します。
新素材・材料創製チーム
物質・材料研究機構
(NIMS)
グループリーダー
土佐 正弘
酸化物系潤滑剤のハードコーティング結晶構造の組合せに起因して生じる電気化学的に潤滑油に作用する現象をコンビナトリアルコーティングプロセス応用して超潤滑の発現をこころみ、さらに、潤滑油を光で構造制御することによって摩擦を制御したり、また、潤滑油分子の配列制御による超潤滑を探索し、これを実機のボールベアリングシステムに応用することをめざします。
京都大学
化学研究所
教授 
辻井 敬亘
濃厚ポリマーブラシ(ナノブラシ)の優れた特性を活かしたウェット&ソフトマテリアルによる新規潤滑システムを提案・実証し、他チームと連携して、高度潤滑の実現に向けて実際的にも有用な添加剤(ナノブラシ型複合ナノ粒子、トポロジー制御ポリマー)ならびに表面構築法(ナノブラシ階層化コーティング法)を開発します。
鶴岡工業高等専門学校
物質工学科
教授 
佐藤 貴哉
不揮発・難燃性、化学的安定性そして重合性などを有するイオン液体と精密構造制御が可能なリビングラジカル重合を組み合わせて、新規なナノブラシ/イオン液体複合低摩擦表面を創製します。
微細加工・設計チーム
岩手大学
工学部
教授 
森 誠之
潤滑中の界面における化学現象をダイナミックに捉えるために、分光法を利用して潤滑条件下における潤滑膜の化学構造を解析するとともに、潤滑場における化学反応を解明します。「新素材・材料創製チーム」が創製する素材の潤滑場における挙動を解析するとともに、超潤滑発現のための微細加工・界面設計を支援します。
東北大学
大学院工学研究科
教授
足立 幸志
摩擦面変化の追跡調査が可能な摩擦実験装置,摩擦面のその場観察・分析が可能な走査型電子顕微鏡装置を用いることにより低摩擦発現界面とその形成機構を解明します。さらにその界面を制御するための機械システム設計を目指します。その知見を基にゲルを用いた低摩擦機械システム創成を支援します。
山形大学
大学院理工学研究科
教授 
古川 英光
走査型顕微光散乱による微細構造解析法を活用した高強度ゲルの低摩擦機構の解明、低摩擦ゲルの技術開発を推進します。3Dプリンタによるゲルの自由造形技術を活用し、任意形状高強度低摩擦ゲルの機械要素への応用、ナノブラシ修飾表面を組み合わせた新規ソフト低摩擦システムの実現を目指します。
横浜国立大学
大学院環境情報研究院
准教授 
中野 健
固体表面が誘起する液晶の分子配向の変化(表面束縛効果)を、液晶潤滑膜の自律内蔵センサとして利用します。摺動面の速度変化に応じて液晶潤滑膜の粘度と膜厚を自律的に最適化し、従来よりも広範囲な速度域にわたって低摩擦状態を維持可能な「スマート潤滑システム」と、その実証のための計測システムを設計・創成します。
ページの先頭へ